東京おのぼりさん日記 神保町「さぼうる」

b0227088_20495722.jpg

東京の老舗喫茶について語るなら、この店にはぜひ行ったほうがいいという店がいくつかあるという。浅草のアンジェラス、北千住の喫茶室サンローゼ、渋谷の名曲喫茶ライオン、町田のプリンス、谷中のカヤバ珈琲、神保町のミロンガ・ヌオーバ、ラドリオ、そしてここ、さぼうる

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
その扉は過去へのどこでもドアか。(^^)




と言うわけで、昭和30年に開業し、50年以上も神田神保町で続く喫茶店「さぼうる」に行ってきました。今更私がご紹介することもない超有名店ですが、ここには数々の作家や文化人が繰り返し訪れ、落ち着いた文化の香りのする異空間が構築されています。(^^)
b0227088_20505011.jpg

トーテムポールと赤い公衆電話が迎える入口から奥に入るとフロアは半地下と中2階になっていて、かなりの席数があります。でも中がうまく仕切られているので、居心地の良さはまるで隠れ家。ほの暗い店内の照明とも相まって、とても落ち着くんですよね。(^^;)
b0227088_205287.jpg

kirafuneさんが少し前にここを紹介されていましたが、ビールやコーヒーを飲みながら古本屋さんで買い込んできた本を静かに読みふけるオッサンの多いこと。
b0227088_20523244.jpg

ここへは高校生の愚息2号をお供に連れて行きました。高校生にこういう店はまだ早いかな?とも思ったのですが、彼にとってはいい人生勉強になったようです。
b0227088_20525553.jpg

帰りに寄った古本屋さん。ちょっと見ただけでも、魔術やまじないから古いSF、シェークスピア全集に至るまで、ありとあらゆるカオスの吹き溜まりでした。こういう古本屋さんも愚息2号は初めて。(^^;)
b0227088_20531521.jpg




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
あ、隣接する食事中心の店舗「さぼうる2」では、ナポリタンが人気です。
[PR]

by borderlines | 2013-08-08 20:55 | 東京

<< 東京おのぼりさん日記 滲む街の灯 東京おのぼりさん日記 渋谷再開発計画 >>