清和テナントハウス

b0227088_2347375.jpg

KAFE工船の入っている清和テナントハウスの建っているところは河原町今出川を南に下がった一つ目の信号のある交差点。河原町通りの東側にある知らなければ完全に通り過ぎるような古くて白い建物です。(出町輸入食品の向かい側と言ったらわかりやすいかも知れませんね。)
コンクリート2階建てのこの建物、元は進駐軍の病院だったようですが、今はまるで古いガレージのような佇まいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
ガレージのようと書きましたが、1階はホントにガレージでした。(笑)



このビルの入り口からかなり躊躇しながら入って、一階の通路を奥まで進み、
b0227088_23465943.jpg

急な階段を上って(写真では下ってますが。 笑)
b0227088_23451639.jpg

ギシギシときしむ床板を踏みしめて歩いていくと、中程にKAFE工船の入っているG号室があります。
b0227088_23552034.jpg

G号室はKAFE工船とタクヤさんがオーナーの自転車屋『バッチグーサイクル』とガラス作家の辻 和美さんがシェアルームとして使っておられます。
b0227088_234711100.jpg

他の部屋もなかなかに個性的な方々がシェアしておられるようで、
b0227088_2359536.jpg

デザイン会社の「有限会社ナーダ」やデザインアトリエ「ONEPLUSO」、それから「P-act」という劇団も80年代からこの2階を拠点として活動しています。
b0227088_23472281.jpg


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
アジトのようなこの建物、実に興味深いです。(^^)
[PR]

by borderlines | 2015-02-20 00:05 | 京都

<< 清和テナントハウス その2 Broken Heart Bl... >>